シミ取り化粧品を利用する際に、知っておくとより効果がUPする情報が満載!自宅で手軽にシミを無くしたい方必見です。

シミについて正しい知識を身に着けよう!

年齢を重ねていくと徐々に増えていくシミ。
シミについて悩んでいる女性は多いのではないでしょうか?

 

そもそも、シミの原因は何でしょう?
まず一番メジャーなのが「紫外線」ですね。
よく紫外線はお肌の天敵だと言われますが、紫外線を浴びるとシミだけでなくシワの原因にもなります。
また、シミは肌の表面に見えているものだけでなく、肌の下で眠っていてこれから出てくるものもありますので、若い頃に肌を焼いていた方は対策が必要です。

 

太陽

 

その他にも加齢による代謝低下やホルモンバランスの崩れなどの要因もあります。

 

このサイトではシミの基礎知識シミが出来てしまった時の治療法などをまとめていますので是非参考にして下さい。

 

シミを消すことは可能?!

シミは一回出来てしまうとなかなか消えることはありません。
レーザーで手っ取り早く消す方法もありますが、保険が適用されないうえに一回消えてもまた復活してしまうこともあります。

 

美は一日にしてならずとよく言いますが、大事なのは根気よく正しいスキンケアを行うことです。

 

最近はシミ取りに特化した、効果的な商品が多数販売さています。
これらを日々のスキンケアに取り入れ、自宅でもシミ取りケアをしていきましょう。

商品名 価格 試用期間 評価
b.glen 1,800円(税抜)~ 7日間 S
アスタリフトホワイト 1,000円(税抜) 5日間 A+
POLAホワイトショット 7,020円(税込)~ 1.5ヶ月~ S
Decenciaサエル 1,480円(税込) 10日間 S
AMPLEUR 1,590円(税込) 7日間 A
ロスミンリペアクリーム 3,800円(税抜)~ 約1ヶ月 A+
マルガレッタ 1,980円(税抜) 約1ヶ月 B
ホワイトロジー 900円(税抜) 7日間 A-
APP-Cフラセラム 6,048円(税込) 約1ヶ月 B
リフトケアジェル 3,795円(税抜) 約1ヶ月 B-
DERMED 1,200円(税込) 7日間 B+
サイクルプラス 2,800円(税抜) 約1ヶ月 B-
シズカニューヨーク 3,880円(税抜) 約2ヶ月分 A
ルミナスホワイト 7,980円(税込)~ 約1ヶ月 B+

 

  • 商品名…シミ取り化粧品の商品名です。
  • 価格…「初回購入」で購入した場合の価格となっています。
  • 試用期間…初回購入トライアルセット内容量のお試し期間となっています。
  • 評価…価格、成分、口コミなどを総合評価して当サイトが独自に行っている評価です。

 

 

Decencia(ディセンシア) サエル

サエル画像

Decencia(ディセンシア) サエルの特徴

サエルは敏感肌の人でも安心してつかえるスキンケアです。
敏感肌の人は「美白が効きにくい」といいますが、敏感肌を含めた約87%の人が肌に透明感が出てきたと実感しているようです。
サエルシリーズはメラニンの生成を抑え美白成分が効きやすい肌に整えてくれるので、美白をしつつシミをだんだん目立たなくしてくれるでしょう。

価格 1,480円(税込)
評価 評価5
送料 無料

 

アスタリフト ホワイト

アスタリフト ホワイト画像

アスタリフト ホワイトの特徴

富士フイルム独自のナノテクノロジーがシミの元に効く!
独自成分「ナノAMA」が根付くシミ、これからのシミにアプローチしてくれます。
美白有効成分に加え「アスタキサンチン」を配合。さらに美白化粧水がパワーアップし、くすみのないハリのある肌に導きます。

価格 1,000円(税抜)
評価 評価5
送料 無料
詳細ページ

 

b.glen (ビーグレン)

b.glen (ビーグレン)スクショ画像

b.glen (ビーグレン)の特徴

独自の浸透テクノロジー「QuSome」を採用しており、成分を角層の奥まで届け悩みにアプローチ!ビタミンCの100倍に達すると言われている「ハイドロキノン」を肌トラブルの元まで届けます。
リピーター続出のおすすめシミ取りケア商品です。

価格 1,800円(税抜)
評価 評価5
送料 無料
詳細ページ

シミを予防する為に必要なこと

紫外線対策

まず、一番の原因とも言える「紫外線」から肌を守ることが大切です。
紫外線は一年中降り注いでいますので、冬だから大丈夫!ということはありません。
365日、晴れの日も曇りの日もいつでも降り注いでいるのです。

 

紫外線対策といえば、日焼け止めが一般的ですよね。
日焼け止めはベタベタするから苦手…という人もいるかもしれませんがシミを防ぐ為にも是非塗って下さい。
家の中にいても日焼けすると言われるくらい紫外線は手強いものです。
長時間外にいる場合には塗り直しをオススメします。

 

日焼け止めを塗ってるイメージ

 

また、日焼け止めは使用量が少ないと効果を発揮しない事があります。
きちんと説明書を読んでから使用するようにしましょう。

→日焼け止めの正しい使い方はこちら

 

 

日焼け止めや化粧などをきちんと落とす

日中がっつりと日焼け止めを塗って化粧して…それをそのままにしておくと肌にダメージがかかります。肌を綺麗に保ち、化粧水や美容液を肌に浸透させるためにも正しい洗顔を行いましょう。

 

基本的に洗顔は朝起きてからと外出から帰ってから(お風呂)の2回で十分です。
1日に何度も洗いすぎると、皮脂が落ちすぎて肌のバリア機能が低下してしまうからです。

 

最近はよく水で洗うのが流行っているようですが、実際はぬるま湯が皮脂の汚れだけを落としてくれるといいます。
ゴシゴシ洗うと肌が擦れ、乾燥や小ジワ・シミの原因となってしまうので泡立てた泡で優しく洗うようにしましょう。

 

泡を立てて洗顔するイメージ画像

 

また、シャワーで洗う場合、顔にそのままシャワーをかけていませんか?
顔にシャワーに当てると摩擦を与え、シミやしわなどの原因になったり毛穴が開いたりします。シャワーの時でも、顔を洗うときだけは手でお湯をすくって洗うように心がけましょう。

 

 

このように自分で出来るシミ取り対策はたくさんあります。
綺麗に汚れを落としたら、その後のスキンケアも肌に浸透しやすくなり効果を感じやすくなるでしょう。

 

せっかくスキンケアしていても、間違った方法で効果がなかったら悲しいですよね。
日頃から紫外線対策や正しい洗顔はもちろん、その他にも生活習慣などを気をつけてシミのない綺麗な肌を目指しましょう。