シミの基礎知識を抑えてきれいな肌へ

基礎知識

シミの原因ときくと紫外線による日焼けとみなさんご存じかと思いますが、
そもそも何故紫外線がシミになってしまうのでしょう。

 

シミの原因は紫外線画像

 

シミは、紫外線によるDNAの損傷が蓄積されたメラノサイトが皮膚を守るためにメラニン色素を大量に生産してしまうことから始まります。

 

ですが、このままではシミにはなりません。

 

表皮のターンオーバーにより排出されるからです。
ですので、小さい子が真っ黒に日焼けしてもシミ一つないキレイな肌をしているのは
そのためです。

 

 

では、何故シミになるのでしょうか。
それは、体調不良やホルモンバランスの乱れ、または加齢により正常なターンオーバーがされず、皮膚にとどまってしまうためシミとなってしまうのです。

女性画像バナー

 

シミにならないようにするにはメラニンの異常生産やターンオーバーを正常に促すにはどのようにすれば良いのでしょうか?

 

メラニンの異常生産を防ぐポイントは、
基本的に紫外線カットが何よりも有効です。

 

そのためには、真夏のみならず一年中日焼け対策を行う事により、
メラニンを大量に生産されるのを防ぐことが出来ます。

 

そこで、過剰なメラニン生成の原因を抑え、美白成分が効きやすい肌にすることを
可能にしたのがDecencia サエルです。
外部刺激をブロックし、肌機能を強化してくれます。

 

ターンオーバーを正常に促すには、ライフスタイルを見直す事が大事です。

 

不規則な生活や暴飲暴食、ホルモンバランスが崩れたりすると、
たちまちターンオーバーが遅れてしまいます。

 

体内にメラニンが蓄積されればされるほど確実にシミは増えていきますので
毎日のスキンケアや生活習慣を見直し規則正しいリズムを作ることが大事です。

 

 

 

シミが出来る工程をみてみましょう

 

気が付いたら年々少しずつ増えてしまったシミ。

 

上記でも説明しているように、シミの原因は主に紫外線によるものですが、日焼け=皮膚が焼ける=シミが出来るとイメージしている方も多いと思いますが、実はもっと複雑な工程が私たちの肌細胞でおこっているのです。

 

まず紫外線を浴びると活性酸素が発生します。
この活性酸素とは、肌老化には天敵なもので、シミ、しわ、たるみなどの原因になるものです。

 

活性酸素が発生すると、色素形成細胞(メラノサイト)が活性化する情報伝達物質が作られます。
この段階で、紫外線から守ろうとするために肌を黒くしましょう、と働きかけられます。
情報伝達物質が発生すると、今度は「チロシナーゼ」という酵素が活性化します。

 

この「チロシナーゼ」がシミの元となる酵素です。

活性化したチロシナーゼは結合し、メラニンという黒褐色の物質に変化し、これが肌の表面へ送られシミとなってしますのです。

 

ここまでの過程があっても、ターンオーバーで28日間かけて細胞の新陳代謝が行われ、通常うまくいくと白い肌に戻ります。

 

ですが、年齢と共に起きる肌の老化や不規則なライフスタイルを行っていると表皮のターンオーバーが行うことが出来ず、いつまでもメラニン色素が表皮に残ったままの状態になってしまいます。

 

その結果、紫外線の影響がなくともメラニン色素を次々に作り出す、といったことが起こり、シミとなってしまうのです。

 

ここまでの過程を説明すると、太陽の日差しを浴びるのが怖くなってしまいますが、しっかりと紫外線予防をして、シミがないキレイな肌を作っていきたいですね。