シミは種類によって対策や治療法が違ってきます

シミには様々な種類があります

シミの種類

 

 

シミといっても一つではなくいくつか種類があります。

シミを気にする女性バナー

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

紫外線が原因で起こる老化現象で、若い頃日焼けをしていた人に多くみられるシミです。
一般的なシミと呼ばれるもので、頬や鼻などにみられます。

 

雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすといわれるものです。
鼻を中心に散らばった小さな斑点のようなもので遺伝的な事が多いようです。
一般的なシミとは少し異なります。

 

肝斑(かんぱん)

左右対称にほぼ同じような形で現れるぼやけたしみの事で、
30~40代の女性に多くみられます。
女性ホルモンが関係しているといわれており、男性にはできません。

 

炎症性色素沈着(えんしょうせいしきそちんちゃく)

ニキビや化粧かぶれなど年齢に関係なく皮膚に炎症を起こした時に出来るシミとことです。

 

摩擦黒皮症(まさつこくひしょう)

強い刺激をうけ続けていると現れてくるシミです。
顔以外の部分に出来る事が多く、消えにくいようです。

 

脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)

色調は正常皮膚色、褐色から黒色まで様々でイボ状に盛り上がっています。
シミの角化が進んだもので、20代後半から出始め年齢を重ねるごとに増加していきます。

 

基本自分でケア出来る事は若いころから紫外線をブロックすることです。
若い頃は日焼けしてても平気だったかもしれませんが、その代償が歳をとってシミとなり出てくるのです。
歳とった時にシミのない肌になるために若いころからケアをしておくことが大切です。

 

 

 

出来る場所

 

シミの出来る場所画像

基礎知識でもお話したように、原因は紫外線なので紫外線の影響を受けやすい部位に多くみられます。

 

顔は常にさらされていますのでやはり一番出来やすい部位でしょう。目の周りや頬などに出来ている人が多いようです。

 

その他、車を運転したりする方は手に影響を受けやすく、特に甲を気をつけたほうがいいでしょう。

 

また若いころに日焼けをしていた人は歳をとっていくうちに肌の表面に出てきたという場合もあります。
背中や腕、脚などに出来ている人はこの場合が多いようです。

 

紫外線だけではなくストレスや老化によってもシミは出来てしまうので完全に予防することは難しいですが、紫外線対策など出来る事からはじめてみましょう。

 

 

 

くすみの原因

 

くすみの原因の画像バナー

 

くすみの原因はお肌のタイプによって異なりますが、
主に

  • 紫外線対策を怠ってしまった
  • 化粧落としが十分でなく汚れが溜まっている
  • 血行不良や運動不足

などが原因として考えられます。

 

紫外線でくすみができてしまう方は、特にタバコを吸う方やビタミンCやβカロチンを含む果物や野菜をあまり摂らない人が多いです。

 

紫外線には2種類あり、紫外線A波と呼ばれる紫外線は真皮のコラーゲン線維を破壊して肌の土台を傷つけてしまうため、肌の弾力が失われ、これが皮膚表面をでこぼこにしてしまい、くすみとなってしまいます。

 

一方、紫外線B波と呼ばれる紫外線は皮膚の表面にメラニンを生成してしまい、それが原因でシミやくすみを引き起こしてしまうというものです。

 

これらは一年中降り注いでいるものですので、外出の際は必ず紫外線対策を行うように心がけましょう。

 

また、化粧落としやクレンジングをしっかりと行っていない人も要注意です。

これらをしっかりと行わないと、皮膚表面に化粧汚れや皮脂といった汚れが溜まっていき、それが原因となりくすみを引き起こします。

 

そのため、マスカラやアイラインといった汚れはアイメイク専用のクレンジング、リップや口紅は口紅専用のクレンジングで、しっかりと落とす事が重要です。
もちろん洗顔料やクレンジング剤も、きちんと洗い流すように心がけましょう。

 

 

血行促進が原因でくすみを引き起こす方は、冷え性の人や運動をしない人です。

血液は皮膚に必要な酸素や栄養を体中に運搬する役割を担いますが、血行不良の方はこれらの栄養素が隅々まで行き渡らず、肌の状態が悪くなってしまいます。

 

さらに、血液が滞ると血液が黒ずんできてしまい、それが原因で皮膚の薄い顔が全体的に浅黒くなってしまうのです。
軽い運動やマッサージで血行を促進させ、血流を改善させることが大切です。