シミにはさまざまな治療法があります!

顔のシミはどうやって消せばいい?

30歳前後から気が付けばシミが増えてきたと感じたり

 

顔のくすみが気になる・・・と悩む女性も多いと思います。

 

顔にできてしまったシミはどうすればいいのでしょうか?
サプリメント

レーザー治療やピーリングを行ってみないけど肌が弱くてできないという方におすすめ。
劇的な効果が現れるわけではありませんが、新しいシミ予防にもなります。

皮膚科でのシミ取り

皮膚科で行う場合はレーザー治療とフラッシュ治療などがあります。
皮膚科であっても保険が適用されない事がほとんどですので、担当医に相談してみましょう。
また、ビタミンCイオン導入といって微弱電流で肌の奥へビタミンCを届けてくれる治療もあります。シミ・そばかす・にきび・毛穴引き締めなどに効果があり、美白にもいいようです。

レーザー治療とケミカルピーリング

レーザー治療は一番効果的な方法だと言われている治療法です。
シミがある部分にレーザーを当て焼きとる方法で、正常な皮膚に影響はありません。
ケミカルピーリングは皮膚表面を剥脱させ、古い角質を除去します。
肌をワントーン明るくしてくれ、シミ・くすみ・小じわ・ニキビに効果的だと言われています。

 

クリニックやエステでシミ取りをする方法ももちろんあるのですが、
資金の問題であったり、
ダウンタイムで日常生活に制限が出るのが困る・・・と、色々考えて通えない方も多いですよね。

では、自宅で気軽に出来る方法でシミを消す方法はないのでしょうか

 

自宅で簡単に出来る方法・効果があるのか検証!

 

調べたものをまとめましたので是非参考にしてみてください。

 

シミに悩んでいるお肌を洗顔する時は、ゴシゴシと強くこすったりしないで下さい。

 

お肌をこすったり、摩擦があるとそれ自体がシミの原因になりますのでご注意ください。

洗顔する女性

 

オススメの洗顔はクレイ洗顔です。
シミがあるお肌は、お肌の保湿にも問題がある場合があります。
そんな時に洗浄力の強い洗顔料を使用すると必要なお肌の保湿成分までごっそり洗い落としてしまい、結果乾燥をしてシミが増えてしまう場合があります。
ですので、余分な皮脂や汚れだけを落とし、洗いあがりはしっとりつっぱらないクレイ洗顔がおススメです。

 

 

次にシミを消すための化粧水を選ぶポイントですが、一番重要なのは保湿力です。
お肌のターンオーバーを正常にするには肌の水分量が十分でないといけません。

お肌が乾燥した状態では、新しいシミを作ってしまう要因になりますので、保湿力の高い化粧水を選んでください。

 

 

また肌のどこまで栄養分を届けられる力をもっているか浸透力の高い化粧水を選ぶのも大事です。
せっかく肌のために良い栄養素をもっているのに表皮までしか届かない力しかなければシミは一向になくなりません。

 

シミを消すために、洗顔も化粧水選びも重要ですが、化粧水の力を十分吸収できるお肌を作るためには規則正しい生活習慣を送ることもポイントです。

 

世代別の悩み

20代

20~29歳までの女性500人で自分の肌に自身があるという人は全体の25%ほどだそうです。
ほとんどの女性が自分の肌に自身がないようです。

 

肌の悩みでは

  • 毛穴問題
  • 乾燥
  • にきび・吹き出物
  • シミ・そばかす
  • 脂っぽさ

だそうです。

 

解決法として化粧水に気を使っている、洗顔をきちんとしているなどの他に食事を心がけているなど外面的だけなことばかりではなく内面から正すという美意識が高い方も結構いるようです。

 

 

30代

30歳に入り、お肌の曲がり角というように肌の悩みがリアルに感じる年齢です。

 

30代女性の気になるお肌の悩みは

  • 頬の毛穴が目立つ
  • メイクのノリが悪い
  • ニキビ跡がなかなか消えない
  • シミ
  • 目の下のくま
  • 肌の乾燥

でした。

 

加齢とともに肌のターンオーバーが遅れてくる年齢です。
対策としては化粧品・スキンケアにかけるお金を増やした、エステに行ってビタミン注入など自分だけの手には負えずエステやクリニック頼みという人もいました。

 

 

40代の悩み

40代になると若く見られる人と老けて見られる人の差がはっきりします。
それはやはり「肌のキレイさ」ではないでしょうか?!

 

そんな40代女性のお肌の悩みは

  • シミ・くすみ
  • しわ
  • 毛穴が目立つ
  • 乾燥
  • くま

でした。

 

年齢を重ねるとともにシワの数が増えていくことは仕方のないことです。
それに加え、紫外線を浴びてきた代償がシミとなって現れてくるのです。

 

この世代は化粧品・スキンケアにお金をかけるのはもちろんの事、クリニックなどでのシミ消し、ボトックスなどでシワ消しを行っている人もいました。