リン酸型ビタミンC誘導体は持続時間が長く、ビタミンCに比べて数倍の美肌効果があります。

MENU

効果的な成分

シミ対策で効果的な成分はビタミンCが有名ですが、単純に栄養だけ補給しても体内に吸収しにくいデメリットがあります。

 

そこでシミ取り用スキンケア用品に採用されることが増えた話題の成分が「リン酸型ビタミンC誘導体」です。
他にもスキンケア用品ではビタミン誘導系や、あまり馴染みのない比較的新しい成分が多いのが特徴です。シミ対策に効果的な成分の特徴をまとめました。

 

 

リン酸型ビタミンC誘導体

ビタミンCはサプリメントやドリンク、果物などから手軽に摂取できますが、体内に吸収しにくく肌に浸透せずに体外へ排出されてしまうことが多いです。
ビタミンCを大量摂取すると、尿の色が濃くなる現象は誰でも経験があるでしょう。
それはビタミンCが体内へ吸収しきれなかった証拠です。

 

今注目のリン酸型ビタミンC誘導体はビタミンCの吸収効率を上げるために開発された成分で、肌に塗ったときはビタミンCではなく、角質に浸透してからビタミンCへ変化します。

ビタミンCのイメージ

 

通常のビタミンCに比べて数倍の美肌効果があり、作用時間も長くなります。
更にシミの原因になるメラニンの発生を抑え、コラーゲン合成能力も高めるなど肌に良いことがたくさんあります。
シミ取り用スキンケアを選ぶなら、リン酸型ビタミンC誘導体配合の商品を強くオススメします。

 

 

APPSビタミンC誘導体

リン酸型ビタミンC誘導体の原理は同じで、ビタミンCの吸収効率を高めるために改良された成分です。
ビタミンC誘導体は従来から複数の種類がありますが、その中でもAPPSビタミン誘導体は肌への浸透力はトップクラスです。
総合的な評価ではリン酸型ビタミンC誘導体に劣りますが、ビタミンCの浸透力だけで見れば既存の美容成分の中でもトップクラスで加齢によるシミ対策に効果的とされています。

 

 

フラーレン

こちらも超定番の美容成分で、多くのスキンケア用品に採用されています。
美容パワーはビタミンCの25倍と言われていて、メラニンの抑制はもちろん、肌年齢そのものを若返らせてくれる効果を期待できます。
シミ取り用成分や若返り成分での定番はプラセンタがありますが、フラーレンはプラセンタよりも優れていてシミ取りと予防効果が高いです。

 

 

ハイドロキノン

シミを消す成分として一時期話題になりましたが、最近ではデメリットの方が大きいという解明結果が広く知れ渡っています。
シミを予防ではなく消す観点ではもっとも効果的な成分ですが、強力すぎるのが難点です。

 

使用方法を間違えると肌荒れを起こして、ボロボロな肌になってしまうケースもあるので注意しましょう。

 

シミを消すためにはハイドロキノンが配合量4%以上の濃度が必要と言われていますが、薬事法によって市販品は2%以下までに制限されています。
つまり市販品ではシミ消し効果が薄く、少ない配合量であっても肌荒れを起こすリスクがあります。

 

ハイドロキノン配合のシミ消しスキンケア用品ではケシミンが有名で、人によっては少ない配合量でも高い効果を期待でき、喜びの声も多数寄せられています。
シミを消したり、薄くさせたい場合には市販の中では近道になるかもしれないですが、リスクを認識して正しい使用方法を守り、少しでも肌に異常を感じたらすぐに使用を中止してください。