色白な人はシミができやすいので紫外線対策を徹底しましょう。

MENU

色白な人のシミ事情

肌の色は生まれつきの体質によって決まります。
色白な人はシミができやすいので紫外線対策を徹底しましょう。
もちろん誰でも紫外線を浴びると日焼けをしますが、地黒の人は少ない紫外線で黒くなり色白の人は日焼けをすると茶色ではなく赤くなってしまいます。

 

肌の色や日焼けに対する強さはメラニン色素によって決まります。
メラニンはシミの原因にもなる成分で、人間に有害な物質と思われがちですが、人が生きていくためには必要不可欠な成分でもあります。

 

 

メラニンは病気や肌トラブルを防ぐ

ここでいう肌トラブルにはシミは含まれていません。
見た目の問題はありますが、シミができたからといって病気になったり、皮膚に痛みが発生するものではないです。

日焼けのイメージ

 

肌の色とシミは紫外線が影響していますが、紫外線には発がん性物質や細胞を破壊するパワーを持っています。
人の身体は紫外線の影響を受けても健康を維持できるように、メラニンを生成して紫外線の有害物質をメラニンの力でバリアーを張っています。

 

元々メラニンが多い地黒の人は紫外線の影響を受けるとメラニン量がさらに増えて身体を守ってくれます。
日焼けをしやすく、対策をしても美白になりにくいデメリットはありますがシミ自体はできにくいです。

 

色白な人はメラニンが少なく、日焼けを受けると肌のダメージを受けやすいです。
また、メラニンの生成をしにくい体質で、ターンオーバーで排出されない過剰な沈着メラニンを作りやすいデメリットがあります。

 

つまり、色白な方は紫外線で肌荒れを起こしやすくて、メラニンを沈着させやすい2つの理由があるため、シミができやすいです。

 

 

色黒の人はシミ対策をしなくていいのか?

まず、シミができにくい体質とはいえ、日焼けすると肌の水分が失われてボロボロになりやすいです。健康上で日焼けのメリットはほぼないので紫外線対策については、体質を問わず行いましょう。
若い方であれば、綺麗な小麦色になることを理由に日焼けに抵抗を持っていない方も多いです。若いうちはいいのですが、年を取るにつれてメラニンの生成力が衰えてきます。
若いうちは日焼けするだけで済んでいても年を取ればシミになって残りやすくなります。
紫外線対策をはじめとしたシミ予防は肌の色や体質を問わず行いましょう。

シミの予防策

 

 

メラニンの生成を抑えるスキンケアは紫外線対策の重要性が高くなる

美白効果を兼ね備えた化粧品はメラニンの生成を抑える効果があります。
シミ予防や美白効果で効果的ではありますが、メラニンの生成力が落ちると、ちょっとした紫外線でシミができやすくなります。
メラニンの抑制効果があるスキンケア商品そのものはオススメできますが、使うなら紫外線対策をより入念に行いましょう。

 

スポーツや仕事で屋外で活動することが多い人は、日焼け止めを使用したり長袖を着るといった対策も大切ですが、メラニンの生成を抑える化粧品は使わない方がシミができるリスクを抑えられます。