レーザー治療は用途を問わず、シミ対策の効果が期待できます。

MENU

シミの種類

シミの種類は以下のものがあります。

  • 肝斑(カンパン):ホルモンバランスの乱れなど
  • 日光黒子(老人性色素斑):紫外線の影響など
  • そばかす(雀卵斑):遺伝など
  • 炎症後色素沈着:ニキビや化粧かぶれの後遺症
  • 対称性(後天性)真皮メラノサイトーシス:さまざまな原因で発症

 

シミの原因も併せてご理解頂けると、分かりやすいです。

 

 

シミのでき方で種類を見分ける

肝斑と対称性(後天性)真皮メラノサイトーシスは左右対称にシミができます。
この2つは併発しているケースも多いです。

 

色素沈着が散在的に見られる場合は対称性(後天性)真皮メラノサイトーシス
目の周辺などに広がった大きいシミが左右対称にできると肝斑(カンパン)
の可能性が高いです。

 

日光黒子、そばかす、炎症後色素沈着は左右非対称にできます。
炎症後色素沈着は肌荒れができた後にシミになって残る現象です。
そばかすは頬や鼻周辺に発生しやすく10代が一番できやすくなります。
日光黒子は場所を問わず紫外線の影響を受ける場所に発生します。

 

 

種類によって効果的な治療法が異なる

肝斑(カンパン) 病院で処方される内服薬が効果的
日光黒子 スキンケア、ケミカルヒーリング、レーザー治療など
そばかす スキンケア
炎症後色素沈着 スキンケア、皮膚科での早期治療
対称性(後天性)真皮メラノサイトーシス レーザー治療

 

以上の方法がシミを消すための相性が良い治療法とされています。
ただし、効果には個人差があります。
自分にあった適切な治療法を探して、不安があれば皮膚科に相談するとよいでしょう。

 

 

レーザーは万能性がある

シミは種類によって、内服薬やスキンケアで消せるケースほぼ不可能なものがあります。
しかし、例え消せる可能性があっても一度できたシミを消すのは難易度が高く、効果の保証された治療法は限られています。

 

そんな中でレーザー治療だけはシミを消すことに関して用途を問わず相応の効果を期待できます。ただし使用するレーザー治療機ごとにシミの種類と相性の良し悪しが異なります。美容クリニックでレーザー治療を検討している方は、複数のレーザー治療機を持っているところを選びましょう。

 

このほか、トレチノイン酸ゲル療法という塗薬が対称性(後天性)真皮メラノサイトーシス以外で高い効果を期待できるとされて、話題になっています。
ただし副作用もあるので体質の合わない方もいますし、用法を間違うと赤みが出て肌荒れを起こすリスクもあるので注意しましょう。