健康的な生活習慣を心がけることが、シミ予防につながります。

MENU

生活習慣を見直す

極論を言うと健康的な生活習慣を心がけることが理想です。
シミの発生は、代謝やストレス、栄養不足などが関係しています。
よく寝て、栄養補給をしっかり行い、適度な運動を心がけましょう。

 

 

まずは正しい知識を身につける

シミ予防やスキンケアは間違った方法を取っている方が多いです。
効果が薄い非効率的なケアであればまだいいのですが、身体に合わない化粧品を使い続けたり、レモンでビタミンCを大量摂取するなど副作用を伴う行為を続けてしまうと何もケアしないよりもシミができやすくなります。
シミ予防をするときは、スキンケアや生活習慣の中で間違ったことがないかを探して見直していくことが大切です。

 

 

睡眠をしっかりとる

肌の代謝のことをターンオーバーと呼び、寝ている間がもっとも活発になります。
睡眠時間そのものが短いと、ターンオーバーのサイクルが長くなってしまいます。
最低でも毎日6時間以上の睡眠を心がけ、眠りが浅い人はマクラを変えるなど快眠対策も行いましょう。

睡眠

一時期は22時~2時のゴールデンタイムが細胞分裂が活発化するという話が有名になりましたが、新しい研究結果では時間帯よりも眠りについてからの時間の方が重要という風に考え方が変わってきました。

 

 

紫外線対策を心がける

シミの原因で一番多いのは紫外線です。
紫外線の影響を受けないように日焼け対策を徹底しましょう。
夏の晴れた日ではなく一年を通して曇りの日も含めた取り組みが重要です。
若いうちでも日焼けはなるべく控えて、日焼けの原因になるメラニンを少なくすると予防効果を実感できます。
シミの原因を理解すると、効率的な予防策も見えてきます。

 

 

食生活は野菜が重要、果物の摂り過ぎはNG

シミ対策ではビタミンCが重要ですが、レモンなどの柑橘系はソラリンというシミができやすい成分も含まれているため、食べ過ぎると逆効果になってしまいます。
野菜嫌いの人は果物で栄養補給をしようと考える方が多いですが注意しましょう。
また、肉や揚げ物、油が多い魚もシミの原因になります。
野菜を多く食べることが最も効果的なシミ予防です。野菜嫌いな人はサプリメントを活用して必要な栄養補給を行いましょう。
また、栄養は一度に吸収できる量が限られています。
1日3食など規則正しい食生活がポイントです。

 

 

適度な運動

シミの原因はターンオーバーのサイクルが遅くなることです。
代謝がよくなればターンオーバーも活発になり、運動は基礎代謝をあげるもっとも効果的な方法です。
もちろん、運動をしても晴れた日の屋外で紫外線を受けながらだと逆効果になります。

 

ジムに通ったり、仕事帰りの夜は歩いたり階段を使う量を増やしましょう。
筋トレも悪くはないですが、顔や腕、足の美肌には有酸素運動が効果的です。