紫外線対策は鉄板であり、肌の角質を取り除きターンオーバーを促しましょう。

MENU

シミの予防策

シミは一度発生すると簡単に消せません。
できてから治療するのではなく、予防策を取ることが大切です。

 

シミの原因にはさまざまな種類があり、思春期にできやすいソバカスや紫外線の影響、ホルモンバランスの乱れなどがあります。
年齢ごとにシミのリスクは変わるので、「まだ若いから平気」「私はシミができにくい体質」などと考えず、年齢に応じて適切な予防策を取りましょう。

 

 

紫外線対策は鉄板

シミの原因で一番多いのは紫外線によるメラニンの影響です。
メラニンは皮膚の一番下の基礎層で生成されます。

日傘

 

  • 日焼け止めやUVカット効果の高い化粧品
  • 腕や足を露出させない服
  • 日傘

など、表皮が紫外線のダメージを受けないように予防策を取りましょう。

 

最近ではUVカット効果の高い化粧品が人気ですが、化粧かぶれによってシミが発生するケースもあります。UVカット効果を見て化粧品を選ぶことも大切ですが、自分の肌に合っていないと感じたらすぐに使用をやめることも大切です。
屋外で過ごす時間が多い方は、ターンオーバーを活性化させるなど、徹底した予防策が求められます。

 

 

洗顔を見直して肌の角質を取り除く

紫外線によるシミの原因はメラニンですが、本来は紫外線で生成されたメラニンは角質となって体外へ排出するターンオーバーで解決できます。
シミができる要因はターンオーバーが追いつかなくなってメラニンを排出できず体内にとどまってしまうことです。

 

ターンオーバーのサイクルが遅くなる要因の一つが肌の表皮に古い角質が残っていることです。洗顔を見直して古い角質を小まめに取り除いてあげると、ターンオーバーを促してメラニンが排出しやすくなります。
ただし、サイクルが早すぎると今度は肌が乾燥して炎症を起こしやすくなるデメリットがあります。必ず保湿もセットでスキンケアを行いましょう。
また、新陳代謝も関係しているので睡眠はしっかりとるなど、生活習慣の乱れを見直すことも重要なシミ予防策です。

 

 

栄養補給

シミを予防できる食材を食べたりサプリメントを活用して、シミ予防に必要な栄養補給を心がけましょう。
特に自炊が少ない方やインスタント食品ばかり食べている方は、栄養不足でシミができやすい状態になっているケースがあります。

 

もっとも高い効果を期待できるのはビタミンCです。
他にもポリフェノールコラーゲンなど肌に良いとされる栄養素を積極的に補給しましょう。

 

ただサプリメントで補うだけではなく、食生活や生活習慣全般を見直す必要があります。
健康的な身体を手に入れれば、自然とシミができにくい体質に変わっていきます。