ビタミンCはメラニンの生成を抑える効果が期待できます。

MENU

ビタミンCの効果

シミができる要因のひとつはビタミンCの不足です。
シミ対策にはビタミンCが効くのは有名な話ですが、ビタミンCとシミの関係はあまり知られていないものです。

 

ビタミンCが肌へ与える効果や特性を理解すると、一層スキンケア対策が効果的になります。
ビタミンCは身近な食品から手軽に摂取できますが、若い方を中心にビタミンCが不足する乱れた食習慣が増えています。

 

ビタミンCは一度に体内へ吸収できる量が限られているので毎日必要な量を補給し続けることが大切です。

 

 

ビタミンCがシミに効く理由

ビタミンCはコラーゲンの合成酸化防止など、肌や健康にたくさん良い影響を与えます。
脂肪の分解や消化器官中で鉄イオンを2価に保つ、基礎代謝を上げるなど、様々な人間のメカニズムに関与する成分です。
ビタミンCは「アスコルビン酸」という別名もあり、人間、サル、モルモットを除くほぼ全ての生き物は体内で生成していますが、人間は食事などから摂取する必要があります。

 

ビタミンCのサプリ

極端に言うと哺乳類が生きるために必要な成分のひとつで、本来体内で生成するべきものを人間は持っていません。食事やサプリメントなどで日々継続して必要量の摂取をしないと、身体は弱っていってしまいます。
ビタミンCはメラニンをはじめ肌との関係性が強いため、不足するとシミができたり、身体がだるくなるなどさまざまな健康被害が出ます。

 

 

ビタミンCを果物からとるのはNG?

ビタミンCが豊富な食材といえばレモンです。
ほかにもグレープフルーツ、ミカンなどの柑橘系を中心にビタミンは果物から摂るものだと思っている方が多いでしょう。
確かにレモンなどのフルーツはビタミンCが豊富ですが、ソラレンという紫外線を吸収しやすくなる栄養素も入っているため、シミ対策では逆効果になってしまうという説もあります。
つまり、ビタミンCはなんでも摂取すればいいものではなく、栄養補給の仕方や食材選びも重要になります。

 

 

ビタミンCを多く含むオススメ食品

ソラレンが含まれていなくてビタミンCが豊富な食品は以下の通りです。

  • 赤ピーマン
  • 黄ピーマン
  • 緑ピーマン
  • ゴーヤ
  • ほうれん草
  • レタス
  • いちご
  • バナナ
  • りんご

 

ソラレンは紫外線を吸収しやすくなる作用があるため、夜や外出しない日に摂取する分には問題ありません。晴れた日が一番ソラレンの影響でシミが発生しやすくなります。